ゲリラ撮影と芝刈り機。ミュージックビデオは一体感が要。

大阪の毛馬にある旧水門でゲリラ撮影を行った。バンドの演奏シーンは倉庫を改装した撮影スタジオで行い、インサートカットをこの旧水門で撮影している。お天気は曇り。スタジオカットがダークなので、曇り空は好都合。

EOS 6D + Angenieux zoom 70-210mm 3.5(f5.6)ビデオ切り出し

撮影現場に到着すると、芝刈り作業が始まっていた。事前に許可を取っていないゲリラ撮影。こういったアクシデントはたまにある。作業の邪魔にならないようにすると約束して、作業員の方に許しを得た。

ミュージックビデオの撮影は音源を再生しながら、演奏のパフォーマンスを撮影する。あとから音源と口を合わせるために現場では歌ってもらう。しかし、今日はすぐそばで芝刈り機が爆音で作業中だ。ゲリラが芝刈り機にやられた感じだ。

それでも、何とか素晴らしいテイクが撮れた。編集作業は難航したが、素晴らしい作品になったと思う。撮影に使ったレンズはAngenieux zoom 45-90mm 2.8とAngenieux zoom 70-210mm 3.5。カメラはEOS 6Dがメインで、M5はNew FD 20-35mm 3.5Lを付けて、パンフォーカスで動きながら撮影している。

EOS 6D + Angenieux zoom 45-90mm 2.8(f5.6)ビデオ切り出し

いつも撮影、照明、編集とワンマンオペレートで行うので、バンドと私だけのプライベート制作。その為、作品に一体感が生まれると思っている。この作品も、若いエネルギーとバンドの一体感を捉えることができた作品。是非、ご覧ください。(写真をクリックすると、YouTubeにリンクします)

EOS 6D + Angenieux zoom 70-210mm 3.5(f3.5)ビデオ切り出し

NANU ARTS FILMS ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です