EOS M5の動画性能

このM5を購入した理由にEVF内蔵になったことと、動画撮影時に手ブレ補正機能が付いたことが決めてになり、発売日に購入した。買う前の人や買った後の人にも、少々不評のEOS M5。理由はさて置き、私には最高のカメラ。

EVF内蔵についてはカメラの形として当然の姿になった。見え方については使う人それぞれ違うので、自分に合うかどうかだと思う。コントラストが高いので、色目が実際の写真と違う。このことをどう利用して使うかが、重要になる。それが受け止められない人は嫌うかもしれない。私にはピント合わせが楽なので助かる。それと、ボケ量が把握しやすい。

AFが早いとか色々進化しているが、私にはあまり関係がない。自分の好きなレンズで気にいった写真が撮れるなら、それが一番だと思っている。特に暗い状況でなければ、文句無しにいい写真が撮れる。6D、5DⅢと肩を並べるほどである。

動画撮影での性能は買うまでは分からない。メーカーのサンプル動画を観る限り、これまでのMシリーズのレベルを越えている様に思えた。旅先でスナップ的に動画撮影するのに、一眼レフを常に携帯していた。このM5が代わりになればありがたい。6Dにゴリラポッドを付けて手ブレしない様に撮影していたが、M5の手ブレ補正機能があれば楽になる。予定だった。

理想はM5にNew FD 50mm 1.2Lと、20-35 3.5Lを付けて、手ブレ補正機能を使った動画撮影をしたかった。しかし、この手ブレ補正機能は純正のアダプターを介しEFレンズを使う前提の機能だった。電子接点が付いたアダプターを使えばライカレンズは使えるが、チョット残念。それでもライカレンズでこの機能を試してみた。

手ブレ補正機能を使えば、どれくらいか分からないが、クロップする。更に設定を「強」にするともっとクロップする。デカい。効果はあるが、動きながらの撮影には無理がある。補正したところが妙に気になる。手持ちで、出来るだけ動かないように努力して撮影すれば効果はある。でもクロップする。悩ましい。。。

手ブレ補正機能が上手く使えないと分かって意気消沈していたが、画質は良かった。MP4なのに、それを感じさせない画質なのだ。ミュージックビデオ制作では、一度撮影したデータをProRess422に変換してカラコレ、編集している。この手順でM5の画像を観る限り、ALL-Iと並べても遜色無かった。照明が必要な屋内の撮影では少々無理があるが、明るい屋外の撮影では十分使える。スナップ的に撮影する動画ならM5はかなりいい。今では6Dの代わりに、M5でスナップムービーを撮っている。コラージュ作品を作ったり、ミュージックビデオのインサートカットとして利用するために、チャンスがあれば撮影してストックしている。また、参考映像ができれば紹介します。

遠出の時はM5とNew FDの組み合わせに、ゴリラポッドを付けて出かけるのだが、この時だけ三脚座付きのアダプターにする。普段のスナップ撮影では、スタイル重視のアダプターを付けていて、これには三脚座がない。なんとも面倒だが、仕方がない。それは三脚座付きのアダプターが不細工なのだ。キャノン純正のアダプターは上面にCANONとあり、M5のおでこにもCANONとある。「キャノンさん、なんとも思わないの?」子どものころ、私のシャツとパンツに名前を書いていた母を思い出した。そこで、コピー品を見つけて付けている。つや消しの黒をクリアラッカーを塗って、一件落着。チョットまし?

img_6913

NANU ARTS FILMS ホームページ




One Reply to “EOS M5の動画性能”

  1. Dave, PC advocated for Crown land only to be divvied up. Not private stuff. Yes your current property will drop in value intiially, but think about the opiutronpties some retard alco p freak kid basher is going to want to offload. Once its gone, thats it. Done . FINITOHaere ra bro… you got your payout. Treaty gravy train is now derailed.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です