コインランドリーは贅沢な時間。

20年以上ぶりのコインランドリー。懐かしい思いがしたので、M5も同行。ホテルでこまめに洗う手もあったが、見つけたのが滞在初日。移動直前に洗濯しようと決めていた。鳥取県米子市、皆生温泉に3日間滞在。ロケツアーはあと9日。荷物を少なくする為、着替えは3日分だけにした。コインランドリーは今も昔もさほど変わらない。料金もほぼ同じだと思う。20年前から割高感があった。洗濯から乾燥まで60分、700円。まあまあだ。

landEOS M5 + New FD 20-35mm 3.5L(f5.6)WB/オート

また、変わらない悪習?が残っていた。これは若い頃、私が利用していた地域だけかも知れないが、ここでも遭遇。それは、100円玉と500円玉しか使えない。お札が使えないので、お釣りが出ないシステム。きっちり支払わなければならないのだ。なのに、両替機も無い!どういうつもりだ!ランドリー!これは忘れていただけで、昔からそうだった(大阪府吹田市泉町だけ?)。

kaiki.jpgEOS M5 + New FD 20-35mm 3.5L(f11)WB/太陽 

これには、軽い罠が仕掛けられている。両替機が無い代わりに、ジュースの自動販売機がある。仕方なしに、飲みたくもない缶コーヒーを買い、コインランドリーにお金を投入する。何となく洗濯代が高く付いた気分になる。独身の頃、時々だがコインランドリーを利用していた。近くのスーパーで、巻き寿司とお茶を買いコインランドリーに向かう。ちょうど1000円。贅沢な午前中を過ごしたと思っていた。

yu.jpgEOS M5 + New FD 20-35mm 3.5L(f11)WB/太陽  ( 公園にお湯が沸いている)

ここ皆既温泉でも同じ。コインランドリーと缶コーヒーと合わせて830円。贅沢な時間だ。しかし、贅沢の意味が全然違った。温泉街だけあって、すぐそばに足湯があった。しかも、公園の中なので無料。待ってる間、足湯に浸かり缶コーヒーを飲む。贅沢だ。ホテルのスリッパで来て正解だと思い、コインランドリーを後にした。次は山梨県へ向かう。

NANU ARTS FILMS ホームページ

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です