ライカRレンズ、どれにする?

ライカレンズは開放値の違いでそれぞれ名前がある。f2.8Elmaritf2.0Smmicronf1.4Summiluxなど。他にもあるが、手元にないので省略するが、代表的なのはこの3種類。これに画角の違いでラインナップされている(Rライカは製造中止)。どのレンズも一本一本それぞれの個性があり、画角や開放値の違いだけではない、何かがある。おそらくライカが意図的にそうして、他のレンズも欲しくなる様に作ったとしか思えない。ライカレンズコレクターが存在するのも頷ける。ライカレンズにハマりはじめた頃は、色んなレンズを買っては売ってを繰り返していた。それには訳があった。

画角以外の違いは、ボケ具合と線の太さと色目がある。ボケについては大口径か小口径の違いなので、特に説明は不要だと思う。線の太さは(イメージだが)大胆か繊細(しっとり)、という感じ。これらは単純にレンズ選びの楽しみになるので問題ない。ただ、色目(発色具合)は動画撮影に少々問題である。

大まかな色目の傾向は、グリーン系に寄るか、アンバー系に寄るか。それとイメージだか埃っぽいか黄色?。これらは6D5DⅢに付けた場合なので、他のカメラは分からない。概ねオールドレンズは2.8より絞って使うとライカに限らず、グリーンに寄るような気がしている。

レンズの色目が全然違うと編集時の色調整が難しくなる。例えば、違うレンズで撮ったカットを繋ぐ時、衣装の色に合わせて調整すると、顔色が違ってくる。オールドレンズで動画撮影する場合、この様なリスクがある。キャノンのEFレンズが動画撮影にも適している理由は、こういった苦労が少ないからだと思う。そして、EFレンズとオールドレンズの共存が困難になり、EFレンズをすべて手放した。

動画撮影で最も使うf値は、私の場合f2.8~f4。このあたりの色目が、共通になるライカレンズを集めることにした。はじめはSummicron R 90mmがメインレンズだったので、これを基準に他の画角を探しはじめた。当時Summicron R 50mm Type Ⅰ(初期型)も一緒に使っていたが、この初期型と90mmが、どうもしっくりこない。50mm初期型の開放は繊細でいいのだが、絞り込むと線が太くなり、色目が渋く(黄色と緑系に寄る)なる。写真としては非常に魅力的な写りだが、90mm(も緑系に寄る)と何だか合わない。Summicron R 50mmは絶対に持っていたかったので、TypeⅡ(後期型)を試しに入手、結果90mmとの相性はこちらに軍杯が上がった。コレクターではないので、初期型は泣く泣くヤフオク。

img_8373-s

次に広角。これには泣かされた。21mm、24mm、28mm、35mm、と大体試した(19mmもあるが欲しくなかったので試していない)。35mm f1.4はEOS 6Dに付かないので除外して、f2.0/f2.8を試した。f2.0(summicron後期型)35mmは、50mm後期型とほぼ同じ印象。ただライカレンズには珍しく、同じすぎて併用することがないので手放した。つぎにf2.8(Elmarit タイプ2)、これはSummicron R 50mmの初期型と同じ感じなので、しばらく使っていたがこれもヤフオク。他にタイプ1と3があるが、35mmは必要ないと思い試していない。Elmarit R 28mmは青色傾向で太い。Super Angulon R 21mm f4.0、これは相性もよく、カッコいい描写。

24mmを最後まで試さなかったのは6Dではミラー干渉し、改造しないと使えなかったからである。21mmを気に入っていたので無視していたが、レンズガードを少し削ると使えるような記事を、ある日見かけた。f2.8は魅力的、1年ほど考えてジャンク品(カビだらけ)を入手、試しに削ってみた。以外に上手くいったので、お世話になっている鈴木特殊カメラに清掃を依頼した。遠景での解像度はそれほどでもないが、繊細で美しい描写。やや寒色系だが色温度調整すれば、他のレンズとも相性もよい。

img_5084

yumi-s6D + Elmarit R 24mmで撮影 。f5.6

残るは望遠。Elmarit R 135mmをまずは入手。その後180mmとかも試そうかと思ったが、このElmarit R 135mmが相性が良かったので試さなかった。ひとまずレンズ探しの旅は終わったと思いきや、気になることが出て来た。それはいままでSummicron R 90mmを基準に始まったレンズ探し。その90mmが、何だか浮いているように感じはじめていた。24mm/50mm/135mmと、この90mm。他のの3(人)本が、妙に仲間意識が強くなり1人(本)を無視しているように思えた。理由はよく分からないが、そうなのだ。そんな矢先、ライカファンの先輩からSummilux R 80mmの良さを聞かされ入手(前記事)、これがバッチハマった。マージャンやポーカーに似ている。(Elmarit R 135mmは後に、同じ色傾向のマクロレンズであるAME 100mmに入れ替えた。)

結果としてElmarit R 24mm、Summicron R 50mm(Type2)、Summilux R 80mm、APO Macro Elmarit R 100mmの4本が動画撮影用に残った。今でも多少は調整しながら編集しているが、色目の問題は許容範囲に収まっている。ライカレンズは本当にどれも素晴らしい。手放した物で、もう一度使いたいレンズは沢山ある。本当は全部手元に置いておきたいが、コレクターではないので、必要最小限にしている。

約5年間レンズを研究したお陰で、ビデオ制作にも深みが出て来たような気がする。今ではミュージックビデオ制作ではアンジェニューで行くか、ライカで行くかを決める。自己満足かも知れないが、音楽の持つ世界観を描く、重要な選択肢だと考えている。

NANU ARTS FILMS ホームページ

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です