気になる木蓮。

木蓮が満開になっていた。ご近所スナップを2日休んでいる間に咲いたようだ。毎年この時期になると気になる木蓮。自宅から駅までの道中で、庭に大きな木蓮がある家は4件。そのうち2件に犬がいる。必然的にスナップ撮影できる家は犬のいない2件になる。私の住む町では、桜と違って街路樹や小さな公園にはあまりない。大体が大きなお屋敷か古い家。または、比較的大きな公園が多い。スナップを撮るにしても個人のお宅になるので、プライバシーには注意が必要。ササっと撮って、ササっと立ち去る。構図を決める時間も最小にしないといけないので、意外に難易度が高い。数年前には、あるお屋敷の方のご厚意でじっくり撮ることができ、動画作品を作ることができた。以前このブログでも紹介したことがある。

木蓮に限らず、桜やハナミズキもそうがだ、枝にたくさん咲く花を撮るのは難しい。どの花にピントを合わせたらいいか分からないからだ。一つの花を望遠レンズでマクロ撮影する手もあるが、EOS M5にNew FD 50mm1.2Lでは中望遠。出来るだけ近づいても全体の一部。今の所、これと決めた花にピントを合わせ、その付近2~3の花まで合う絞り値にして撮っている。また、どうしても下から見上げるので被写体が暗くなる。多少白トビするがM5の露出を+1/コントラストを-4/色の濃さを+2にして、なんとか被写体を明るくしている。鑑賞に堪えれる写真ではないが、M5のサンプル写真として見て欲しい。

moku1.jpgEOS M5 + New FD 50mm 1.2L(f5.6)

プライバシーがあるので庭を撮るのは控えている。家と違って庭はそこに住む人を投影していると思う。その人の趣味趣向、状態が何となく分かる。手入れの行き届いた庭、そうでない庭。この木蓮があるお宅は小さな古い家。老夫婦が住んでいて、庭はいつも奇麗に掃除されている。いつもこのお宅の前を通る時、黒い犬がけたたましく私に吠え、鎖がマックスになるまで駆け寄ってきた。犬が苦手な私は、今までここの木蓮を撮ったことが無かった。しかし、今年は犬小屋だけになっていた。

NANU ARTS FILMS ホームページ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です