シンプルに暮らす。Summicron R 50mmで食器の遺影を撮る。

月に2回は不燃ゴミの日。使わなくなった食器類を出すことにした。50代夫婦の二人暮らしには、使わない食器が増え過ぎた。来春に引っ越す予定なので、今から少しずつ要らない物を整理しようとしている。寄付とかバザーとかも考えたが、早朝に出しておくと、ゴミ収集車が来る前に誰かが持っていってくれる。これでいいと思った。

EOS 6D + Summicron R 50mm(f4.0)WB/5600K

出す前に、今までお世話になった食器たちの写真を撮ることにした。食器の遺影とでもいうか、何だか神妙な気持ちになる。せめていい写真を撮ろうとEOS 6DSummicron R 50mmを準備。まずは、スプーンとフォーク。本当はもっとあるが、とりあえず6本。最低限なら2本ずつでいいのだが、そこまで徹底する勇気はまだない。不意のお客様(いつ来る?)に対応するために何本か残している。この何本かが問題だ。

EOS 6D + Summicron R 50mm(f4.0)WB/5600K

お皿はメチャメチャあるが、今日はこの一枚。7ヶ月計画で捨てていくのでじっくり考える。何故これが最初かというと、これは約40cmの盛り皿。サラダとか沢山作って取分けるような料理を盛りつける。パーティで使うのか?そんな料理は一切しない。若い時に買った贅沢品(高い物ではないが)。また、コップに至っては相当ある。お皿もだが結婚当時に頂いたものから、買ったもの。何年も使ったことのない物の方が圧倒的に多い。

EOS 6D + Summicron R 50mm(f4.0)WB/5600K

シンプルに暮らしていたつもりでも、不要な物が結構ある。シンプルといえば、我が家は普通にあるような物がなかったりする。電子レンジとテレビがないのだ。健康的な食生活を目指していると、電子レンジで料理することが全くない。テレビは私が20代の独身時代から30年近く見ていない(持っていない)。実家や友人宅で見ることがあっても、家で見たいとは思わない。20年ほど前のこと、NHKの集金人が来たとき「家にテレビは無い」と言ったら「嘘でしょ。中を調べさせて下さい。」そう言って家の中を調べられたことがあった。テレビが無いことを確認すると、申し訳無さそうに集金人は帰って行った。一応、担当者の名前を聞いていたので、文句でも言ってやろうと思っていた。そして数日後、小包が届いた。NHKからである。先日のお詫びにと、カルピスとデュラレックスのコップが入っていた。このコップは相当使ったが、思い出としてはほろ苦い。今日でサヨナラ。ありがとう。

EOS 6D + Summicron R 50mm(f2.0)WB/5600K

NANU ARTS FILMS ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です