使い続けないと分からない欠点。EOS M5のダイヤル。

大阪は台風5号が去っていった。つかの間の晴れ間、しばらくお別れするM5とスナップに出かけた。お別れと言ってもメンテに出すだけ。ダイヤル系の動きが鈍くなったからである。以前、旅の仕事が続いた後は自分でなんとかしのぐことができたが、2回目なのでメーカーに出すことにした。保証期間中なら無料かも知れないと思ってのこと、どうなるやら。

台風一過で空が綺麗。いつもスナップで持ち出すレンズは1本だが、今日はNew FD 50mm 1.2LNew FD 20-35mm 3.5L2本。メンテにどれだけ時間がかかるか分からない。思う存分撮っておこうと思った。(まるでお別れのようだ)

EOS M5 + New FD 20-35mm 3.5L(f8.0)WB/太陽

仕事の合間だったので、1時間ほどで帰宅。結局、はじめから付けていたNew FD 20-35mm 3.5Lでほとんど撮っていた。帰り際に、New FD 50mm 1.2Lに替えて1枚撮っただけ。しかも、替えた理由は撮っていなかったから。無計画の撮影とはこんなもの。

EOS M5 + New FD 20-35mm 3.5L(f8.0)WB/太陽

トータルで10枚撮影。ご近所のスナップなので撮りたいものはあまりないが、それにしても少ない。撮影が進まなかった理由は他にある。前記したようにダイヤル系の動きが鈍くなったからだ。毎日のように使っているが、まだ1年も経っていない。EOS 6D5年近く使っているが、不具合は全くない。15万回(連写をしないからだと思う)でシャッターユニットを交換しただけだ。

EOS M5 + New FD 50mm 1.2L(f8.0)WB/太陽

頑丈さでは、やはり一眼レフ。M5は個人的にいい写真が撮れので気に入っているが、使い続けないと分からない欠点もある。プロ機とアマチュア用の違いと言えばそれまでだが、アマチュアだって旅行に行く。むしろ、そんな時こそ写真を撮りたい。次に出る時は改善されていて、買い替えたくなるのだろう。

NANU ARTS FILMS ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です