いよいよ本当にEOS 6DⅡが出る?

いよいよ本当にEOS 6DⅡが出るようだ。しかし、すぐに購入したくなるような機能は無い。あくまで個人的な感想。電子5軸手ぶれ補正があるようだが、M5と同じかも。私が妄想する新機能があれば、すぐにでも買い増ししたかったが、実際に発売されてから、様子を伺うことにしよう。

解像度やエンジンが上がり、AF性能が充実するのは当然。パソコンと同じで、使い慣れていれば、今のままでいいと思う人も多いはず。新しいスペックを見て(確定ではないが)残念に思うと同時に、ホッとした。

EOS 6Dと同じくらい気に入って使っているEOS M5があるから、特にそう思っている。仮に6DⅡが、理想のスペックになったとしても、何時も持ち出すとは限らないのではないか?結局、軽くて便利なミラーレスを使うことが多く、ここぞという時しか一眼レフを持って出ないと思う。

フルサイズ一眼レフは、どんなメーカーのどんな機種でも、綺麗な写真が撮れる。初めての人には、カメラの使い方に慣れるまで少し時間がかかるだけだ。APS-Cしか使ったことがなかった頃は、フルサイズはもっといいのだろうと憧れていた。そして、フルサイズに移行したとき、APS-Cには戻れないと確信していた。それが、最近のミラーレスAPS-Cはそうでもない。EOS M3からは、気に入った写真が撮れるようになり、M5になってからは格段によくなっている

私の場合はオールドレンズを使うので、参考にならないかも知れないが、これだけは言える。毎日スナップを撮っていれば、今のカメラで満足できる。ようするに日常的に使っていると不満は出ない。冷蔵庫や洗濯機や炊飯器と同じくらい日常的に使っていると、壊れたり調子が悪くなるまで、新しい物が欲しくならない。また、壊れないように丁寧に使い、感謝の気持ちを忘れない。新しい6DⅡの噂に、物欲が湧いたことを戒めるため、今のカメラに感謝しようと思った。が、本当は欲しい!!


EOS 6D + Summilux R 80mm(f5.6)WB/5600K

NANU ARTS FILMS ホームページ



2 Replies to “いよいよ本当にEOS 6DⅡが出る?

  1. とうとう出ましたね EOS 6D Mk2、残念ながらミラーレスでは無いですけど。
    これで、FDレンズのオーバーインフ調整を終えてEOS 6Dの購入・改造に踏ん切りがつきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です