EOS M5と夜の街。ノイズ処理はまあまあ。

南大門は夜も面白い。今日の仕事を終え、韓国の友人と食事に出かけた。サムギョプサルは日本でも食べたことがあるが、さすが本場。まったくの別物。初めて食べ物の写真をスナップ撮影する。よほどテンションがあがった証拠だ。また、韓国料理ではハサミはマスト。何でもハサミで切り刻む。キムチも切り刻む。

sam.jpgEOS M5 + New FD 50mm 1.2L(f2.0)(ハサミが写っていない)

New FD 50mm 1.2Lとの組合わせは夜でも撮れるが、M5が夜に強い訳ではない。ノイズ処理としてはまあまあ。明るい被写体なら撮れるくらい。下の写真は夜の露店で売っていた高麗人参。照明が当たっていたので程良く撮れているが、写真としてはイマイチ。ノイズに関しては6Dの方が圧倒的にいい。(フルサイズなので当たり前)

nin.jpgEOS M5 + New FD 50mm 1.2L(f1.2)

帰りに商店街を撮ってみた。f1.2ではフリンジが出るが、それなりに写る。昼間より更にブレードランナーの雰囲気がある。少々危険なムードが漂っていたので、スナップは控えることにした。

yoru.jpgEOS M5 + New FD 50mm 1.2L(f1.2)

暗所では、f2.0より暗いとノイズが目立つ。6Dまでとは言わないが、もう少し良くなって欲しい。6Dはノイズが少ない。これについては、5DⅢの後に6Dを買って不思議に思った。5DⅢも少ないが、6Dの方が絵的に優れているように思える。何れにしても、夜に写真を撮っても個人的には楽しくない。後から見ても美しく見えないのだ。Sony α7s なら別かもしれないが、使ったことがないので何とも言えない。M5のノイズがもう少し減ったとしても、個人的には使う機会があまり無さそうなので、これで良しとしよう。

やはり、スナップは明る時間がいい。昼間の現場、ヒュンダイ百貨店イベントホール周辺の写真を一枚。南大門から車で約20分、大規模な集合住宅の中にある。大きな街路樹や緑に囲まれ美しい。明るい写真はホッとする。私には、特別な理由がない限り、夜の撮影は必要ない。

hyun.jpgEOS M5 + New FD 50mm 1.2L(f8.0)

NANU ARTS FILMS ホームページ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です