ソウルでスナップを撮る。M5でパンフォーカス。

マニュアルレンズを使っているからか、EOS M5のバッテリーはよくもっている。仕事の合間に撮影するスナップだけだが、韓国に来る前から入れっぱなしで丸3日、まだ半分も使っていない。今日も仕事前にホテル周辺のスナップに出かける。ここはソウル特別市中区南大門。あちこちに朝鮮時代の建物が残っている。しばらく同じホテルに滞在するので、あまり欲張らないでも大丈夫。New FD 20-35mm 3.5Lだけで出た。

s-0.jpgEOS M5 + New FD 20-35mm 3.5L(f11)

ソウルのバスやタクシーはカラフル。タクシーは非常に荒い運転で、何度乗っても慣れない。気のせいか、全体的に車のスピードが速いように感じる。韓国は交通事故が多いと聞いているが、何となく分かる。

s-5.jpgEOS M5 + New FD 20-35mm 3.5L(f11)

このNew FD 20-35mm 3.5Lはよく写る。晴天なら尚更。どんなに絞っても極端に画質が劣化しない。f11まで絞りシャッタースピードを1/100以上、シャッター優先にしてパンフォーカスで撮っている。シャッター優先にしているのは、M5はシャッタースピードの下限設定が出来ない。これだけ絞れば、絞り優先だとシャッタースピードを落としてくる。1/100以上ないと、私の場合手は手ブレする。

s4.jpgsoo.jpgEOS M5 + New FD 20-35mm 3.5L(f11)

仕事の支度にホテルに戻る。すると、エレベーターにアメリカ兵が軍服姿でポーターと一緒に入ってきた。「今日は忙しかった」みたいなことを楽しそうに話している。韓国とアメリカがこんなにフレンドリーだったのかと思った。後から分かったことだが、体格の良いアメリカ男子や女子が多いと思ったら、ほとんどがマリーンだった。私服のアメリカ兵はただの観光客にしか見えない。

ame.jpgEOS M5 + New FD 20-35mm 3.5L(f11)

NANU ARTS FILMS ホームページ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です