EOS M5のホワイトバランスについて

EOS M5のホワイトバランスについて、少し書き加えたい。レンズはNew FD 50mm 1.2Lを使っての感想なので、純正レンズと違うかもしれないが、ご了承願いたい。

前回はオートWBで上手く撮れないと書いたが、逆にオートWBでないと撮れないことがある。それは、ミックス光源の室内での場合。蛍光灯とLEDが一緒になった部屋では、オートWBでしか色が合わない。この条件下では、6D5DⅢよりもM5が上だ。ただ、少しアングルを変えるだけで、色が変化する。さっきは良かったのに、どうして?となる。動画撮影にオートWBが使えないのは、これが理由だが、実に惜しい。バッチリ色が合った瞬間にロックする機能はないのか?そんな機能が付いていれば、完璧なのにと思ってしまう。(iPhoneのアプリにありそう

ミックス光源でなくても、白熱灯でもそうだ。プリセットを使うより、オートWBのほうがより現実に近い。ただこれも少しアングルを変えると、露出に変化があれば、色目も少し変わってしまう。AEをロックしても色目だけ変わるので、何とも悩ましい。それでもオートWBの方がまし。動画撮影にオートは使えないが、写真なら多少の誤差は許容範囲なので、有効かと思う。

wb-1.jpgEOS M5 + New FD 50mm 1.2L (f1.2) WB/オート

屋外で撮影するときは、オートWBは駄目。色目が変わるだけでなく、発色が赤色に寄っている(これは個人差がある)。WB補正で少しグリーンにしておくと大丈夫だが、屋外ではプリセットを太陽に合わせるのが無難。少し、影になっているところでは、色温度を少し上げるといい感じになる。私は5,600Kにしている。EOS M5に色温度設定がついて、6D5DⅢと同じように使える。これは嬉しい進化。

EOS M5の場合、屋内はオートWB屋外は太陽又は色温度5,200~5,800Kに設定することが、今のところベスト。最後に気になったことがある。オートWBで撮影すると、私の使っているNew FDレンズとライカRレンズ、アンジェニューの色味が近くなる(多少のWB補正が必要)。オールドレンズでメーカーも違うので、色以外の個性は残っているが、近い色になる。これは、動画撮影にとってありがたいこと。だが、前記したように色がコロコロ変わるので使えない。。。。露出をロックするAEロックのように、ホワイトバランスをロックするWBロックが付けば、理想のカメラになるのだが。他のメーカーにはある?ご存知の方がおられれば、教えて下さい。

wbb-1.jpgEOS M5 + Elmarit R 24mm (f4) WB/オート

NANU ARTS FILMS ホームページ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です