どこでもミュージックビデオ。ゲリラ撮影

街に出ると、必ずキョロキョロしている。ミュージックビデオに使える場所はないか、常にアンテナを張って「絵になる」場所を探している。そして、気になる場所があればスナップ撮影。初めて訪れる町では、iPhoneでも撮って、場所と時間の記録用に使っている。こんな時、GPS機能が付いてればと思ってしまう(いかん)。家に帰って地図と写真のデータをプリントアウト、紙のファイルにして完了。200箇所くらいになっている。もし、私が無実の罪(連続誘拐犯とか)で捕まり、家宅捜査でこのファイルが見つかれば、終わりだ。地図に赤い丸や、何時ごろが狙い目などのメモをしている。

0336D + ANGENIEUX-ZOOM 45-90mm F2.8

044EOS M5 +New FD 50mm 1.2L

こうした場所探しは町の外だけでなく、都会のファッションビルや、ショッピングセンターでも行う。この場合は、都会の中の穴場を狙う。百貨店の搬入口付近とか、エスカレーターの脇とか、実際に撮影可能か考えながら探す。このファイルが見つかったら、もはや誘拐犯だけでは終わらない。テロリストと思われても仕方ない。ルクア、グランフロントは掌握済みだ。

実際に撮影したミュージックビデオがある。POPユニット「まえあしRUN」。東京から大阪に歌の録音に来てくれた際、急遽作った作品。実際の録音風景をメインに、メンバーのイメージカットを織り交ぜて制作している。このイメージカットは録音後、帰京前に立ち寄った大阪梅田の繁華街。正にゲリラ撮影。日頃のファイルが役立つ、あとは実行するのみ。夕方に録音が終わり、絶好のマジックアワーから夜まで約2時間。急ぎ足で撮影を行った。

1

許可を取っていれば簡単だが、そうは行かない、もうすぐ東京に帰るから。一カ所につき約5分くらいで、どんどん移動。観光客の記念撮影を装い、撮れるだけ撮った。じっとしてたら警備員に呼び止められる(一度あった)。一刻を争うゲリラ撮影。新しいビルの照明はほとんどがLED。光量も十分あるので持込み照明は不要。また、ホワイトバランスは太陽に合わせるか、ケルピン値(色温度)を4000〜6000で調整するだけで簡単だ。ロケ代無料。カフェで休憩。帰りは楽々駅近。願ったり叶ったり。

20ムービーからの切り出し。撮影に使ったレンズはSummicron R 90mmとSuper Angulon R 21mm。スタジオ録音はElmarit R 24mmとSummicron R 50mm&90mm。

NANU ARTS FILMS ホームページ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です